宅建試験で合格するための理想的な学習方法

宅建の学習に必要な時間は個人差がありますが、大体250~300時間と言われています。
一般的な学習期間は、一日の中で学習に掛けられる時間にも寄りますが4~6ヶ月位必要なようです。

普段、仕事などであまり学習に時間を割けない方などは、
あらかじめ学習期間を長めに考えておく必要があります。
なぜなら、できるだけ早めに宅建試験の学習を開始することにより、
トータルの学習時間を確保できるからです。

せっかく早い時期から宅建試験の学習を始めても、根を詰めすぎると途中で嫌になり、
最後までモチベーションが保てないことがよくあるようです。
例えば一週間に1日は休息日を設けたり、節目ごとに自分への小さなご褒美を設定したりして、
モチベーションが下がらないように工夫をしましょう。

宅建試験の効果的な学習法は、とにかく1つの教材を何度も繰り返し解くことだと言われています。
一つの問題集を解いているうちに不安になって、あれこれと他の教材に手を出すのは逆効果です。

初めはさっぱりわからない教材でも、何度も繰り返し学習することで、
脳の中に強固にインプットされていきます。初めてテキストを1通り読むときには、
暗記する必要は無く、全体像がおおまかに把握できていれば良いでしょう。

2回目、テキスト全科目を大まかに読んだら、思いきって過去問に挑戦してみると良いでしょう。

3~4回目では、過去問を中心に解き、わからない所をテキストで確認する方法に切り替えます。
このとき、間違えた問題には印を付けておけば、何度も繰り返し学習できる上に、
自分の弱点が浮き彫りになります。
5~6回目は、間違えた問題のみ解くようにしましょう。7回目は時間に意識して、
すべての過去問を制限時間内に解くことを目指してみましょう。
ここまで、しっかりと学習できれば、宅建試験合格も夢ではないでしょう。