宅建試験の出題傾向を分析して学習する

宅建試験の学習を始める前に、過去の試験問題から出題傾向を分析することが必要です。宅建の試験は、全部で50問が出題されます。合格のために必要な点数は毎年異なりますが、ここ5年間のデータでは33~36点が合格基準点となっています。このことからわかるように、合格するためには満点を目指す必要は無く、確実に7割の問題を正解できれば良いのです。

そもそも、宅建の試験範囲は非常に広範囲に及び、その中からたった50問だけが出題されます。学習範囲を絞り込まずに、一から全て覚えようとすれば、膨大な時間がかかる上に、結局中途半端になってしまいがちです。
宅建試験の過去の出題傾向を分析すると、過去問と同様の知識を問う問題が50問の中で7~8割を占めることがわかります。そのため、過去問集を繰り返し解いて、良く出る問題を把握することが大切です。特に、出題頻度の多い問題は重点を置いて、効率の良い学習を行うように心がけましょう。

宅建試験のポイントは、過去問の徹底的な攻略につきると言っても過言ではないでしょう。間違えた問題はノートに書き写すなどして、何度も繰り返し解くことが合格への一番の近道なのです。
わからない問題は教科書や解説などに立ち返り、一問でも多く理解を深めるように努力しましょう。宅建試験の本番前に模擬試験を受けておくと、自分の実力がはかれるだけでなく、時間配分のシュミレーションにもなるのでお勧めです。