カテゴリー別アーカイブ: 試験

初めて宅建試験を受験する方の学習方法

宅建試験の出題傾向を探ると、毎年必ず過去に出題された問題が7割を占めて出題されていることがわかります。そのため、一般的な宅建試験の学習方法は、過去問を繰り返し解くことが最も重要だと言われています。
しかし、今まで法律を学んだことがなく、初めて宅建試験の学習をする方は、過去問の問題文の意味さえわからないという方がほとんどでしょう。では、どのようにして過去問中心の学習を行えばよいのでしょうか。

問題文の意味がわからない原因として、「法律用語がわからない」ことと、「法律(ルール)がわからない」ことが挙げられます。従って、過去問攻略には、「わからない法律用語を覚える」ことと、「法律(ルール)を覚える」ことが大切となります。法律用語や法律(ルール)は一見とても難しいように感じられますが、具体的なイメージや身近な事例に置き換えて理解しながら覚えていくと意外と簡単です。

それでは、過去問を使った、日々の学習方法をご紹介いたします。まずは、過去問の問題文と解答を一つ読んでみましょう。すると、わからない単語がいくつか出てくるので、その単語の意味を調べます。
次に、調べた単語を基に、問題文が何を意味しているのかを理解します。そして、問題の解答の解説を見ると、質問に対する法律が書いてあるので、これを理解して覚えるようにするのです。このような手順で、問題を解き進めることを繰り返していると、解答する力が付いてきたと実感できるでしょう。

宅建試験の出題傾向を分析して学習する

宅建試験の学習を始める前に、過去の試験問題から出題傾向を分析することが必要です。宅建の試験は、全部で50問が出題されます。合格のために必要な点数は毎年異なりますが、ここ5年間のデータでは33~36点が合格基準点となっています。このことからわかるように、合格するためには満点を目指す必要は無く、確実に7割の問題を正解できれば良いのです。

そもそも、宅建の試験範囲は非常に広範囲に及び、その中からたった50問だけが出題されます。学習範囲を絞り込まずに、一から全て覚えようとすれば、膨大な時間がかかる上に、結局中途半端になってしまいがちです。
宅建試験の過去の出題傾向を分析すると、過去問と同様の知識を問う問題が50問の中で7~8割を占めることがわかります。そのため、過去問集を繰り返し解いて、良く出る問題を把握することが大切です。特に、出題頻度の多い問題は重点を置いて、効率の良い学習を行うように心がけましょう。

宅建試験のポイントは、過去問の徹底的な攻略につきると言っても過言ではないでしょう。間違えた問題はノートに書き写すなどして、何度も繰り返し解くことが合格への一番の近道なのです。
わからない問題は教科書や解説などに立ち返り、一問でも多く理解を深めるように努力しましょう。宅建試験の本番前に模擬試験を受けておくと、自分の実力がはかれるだけでなく、時間配分のシュミレーションにもなるのでお勧めです。

宅建は国家資格の中で最も人気が高い資格試験です

宅建とは、宅地建物取引主任者をあらわし、宅地や建物などの不動産取引をする際に必要な国家資格所持者です。
不動産は人の暮らしに必要な「衣・食・住」の住にあたる部分で、
このことからも宅建主任者は決して欠かすことのできない存在と言えます。

法律では、不動産を取り扱う事務所内の従業員5人に付き1人以上の割合で、
宅建主任者を置かなくてはならない決まりになっています。
このように宅建の資格は幅広い分野で必要とされ、就職や転職に有利となるため人気が高く、
受験者数が最も多い国家試験となっているのです。

宅建の試験は毎年10月頃に実施されていて、
各都道府県知事が指定機関に委託する形で行っているため、
全国に会場が設けられています。出題は全部で50問、
試験時間は2時間で全問4択マークシート方式です。

合格率は例年15パーセント前後で、合格点は年ごとに異なるのですが、
50点満点で大体33~36点位となっています。
合否の発表まで約1ヶ月ほどかかりますが、
試験問題を持ち帰れるので自己採点が可能です。

宅建試験は、満点を目指すと言うよりも40点を確実に取るように学習すれば良いと言われています。
学習方法は、とにかく10年間分の過去問を繰り返し解いて、
良く出る問題は100パーセント内容を覚えてしまうことを目指すと良いでしょう。

宅建試験の学習方法は人それぞれで、予備校や通信講座を受講する方の他に、
独学で学習する方も多くいらっしゃいます。
自分のライフスタイルを考慮して、無理なく学習できるスタイルを選ぶことが大切です。