カテゴリー別アーカイブ: 難易度

宅建所有者とその難易度は?

宅建は不動産業で必ず必要になる資格ですが、資格保有者は全国にどのくらいいるのでしょうか。
その数は、平成25年度の時点でおよそ92万人と言われています。この人数は年々増加しているので、
近い未来には100万人にも手が届くことになります。それほど人気の高い資格なのです。

宅建の試験は年に1度行われますが、この受験で合格する人はおよそ3~4万人です。
受験する人数の15~20パーセントが合格者となっていることから、
難易度がやや高めな試験であることがわかります。

宅地建物取引主任者の試験範囲は大変広く、
できるだけ短期間での合格を目指すのであれば、勉強法が大切になります。

試験対策として欠かせないのは、過去の問題集をたくさん解くことです。
宅建は範囲が広いものの、例年出題されるポイントが決まっている傾向があります。

毎年同じような問題が出る箇所もありますので、
過去問で繰り返し学習して、必ず正解するようにしておくことです。

宅建に合格したあと証明証の発行を受けるためには、
2年以上の実務経験が必要になります。
すでに不動産業に従事している人であれば問題なくクリアできますが、
まったくの未経験者が証明書を受けるためには法定講習を受けることになります。
それにより、宅地建物取引主任者の証明を受けることができます。
試験だけでなく実務も必要となると少々面倒で敷居が高いように感じられますが、
それだけ実務に近く、すぐに役立つ資格ということです。