作成者別アーカイブ: taken

初めて宅建試験を受験する方の学習方法

宅建試験の出題傾向を探ると、毎年必ず過去に出題された問題が7割を占めて出題されていることがわかります。そのため、一般的な宅建試験の学習方法は、過去問を繰り返し解くことが最も重要だと言われています。
しかし、今まで法律を学んだことがなく、初めて宅建試験の学習をする方は、過去問の問題文の意味さえわからないという方がほとんどでしょう。では、どのようにして過去問中心の学習を行えばよいのでしょうか。

問題文の意味がわからない原因として、「法律用語がわからない」ことと、「法律(ルール)がわからない」ことが挙げられます。従って、過去問攻略には、「わからない法律用語を覚える」ことと、「法律(ルール)を覚える」ことが大切となります。法律用語や法律(ルール)は一見とても難しいように感じられますが、具体的なイメージや身近な事例に置き換えて理解しながら覚えていくと意外と簡単です。

それでは、過去問を使った、日々の学習方法をご紹介いたします。まずは、過去問の問題文と解答を一つ読んでみましょう。すると、わからない単語がいくつか出てくるので、その単語の意味を調べます。
次に、調べた単語を基に、問題文が何を意味しているのかを理解します。そして、問題の解答の解説を見ると、質問に対する法律が書いてあるので、これを理解して覚えるようにするのです。このような手順で、問題を解き進めることを繰り返していると、解答する力が付いてきたと実感できるでしょう。

宅建試験で合格するための理想的な学習方法

宅建の学習に必要な時間は個人差がありますが、大体250~300時間と言われています。
一般的な学習期間は、一日の中で学習に掛けられる時間にも寄りますが4~6ヶ月位必要なようです。

普段、仕事などであまり学習に時間を割けない方などは、
あらかじめ学習期間を長めに考えておく必要があります。
なぜなら、できるだけ早めに宅建試験の学習を開始することにより、
トータルの学習時間を確保できるからです。

せっかく早い時期から宅建試験の学習を始めても、根を詰めすぎると途中で嫌になり、
最後までモチベーションが保てないことがよくあるようです。
例えば一週間に1日は休息日を設けたり、節目ごとに自分への小さなご褒美を設定したりして、
モチベーションが下がらないように工夫をしましょう。

宅建試験の効果的な学習法は、とにかく1つの教材を何度も繰り返し解くことだと言われています。
一つの問題集を解いているうちに不安になって、あれこれと他の教材に手を出すのは逆効果です。

初めはさっぱりわからない教材でも、何度も繰り返し学習することで、
脳の中に強固にインプットされていきます。初めてテキストを1通り読むときには、
暗記する必要は無く、全体像がおおまかに把握できていれば良いでしょう。

2回目、テキスト全科目を大まかに読んだら、思いきって過去問に挑戦してみると良いでしょう。

3~4回目では、過去問を中心に解き、わからない所をテキストで確認する方法に切り替えます。
このとき、間違えた問題には印を付けておけば、何度も繰り返し学習できる上に、
自分の弱点が浮き彫りになります。
5~6回目は、間違えた問題のみ解くようにしましょう。7回目は時間に意識して、
すべての過去問を制限時間内に解くことを目指してみましょう。
ここまで、しっかりと学習できれば、宅建試験合格も夢ではないでしょう。

宅建試験の過去問で効率よく学習するコツ

宅建試験で効率の良い学習をするなら、過去問の解き方が非常に重要となります。テキストで基本を少し理解できたと感じたら、できるだけ早い時期から過去問に取り組むと良いようです。
宅建試験の出題傾向を分析すると、過去の試験で使われた問題が出題全体の7割を占めています。更に、その中でも、何度も出題されている出題頻度の高い問題というものがあります。特に、このような問題を確実に覚えて解けるようにしておきましょう。

過去問の解き方のコツは、はじめから答えを出そうとする必要はありません。できるだけ多くの問題をこなすことが目的なので、答えが出ない場合には、すぐに解答を見るようにします。そして、とにかく問題文と解答を照らし合わせるように、どんどん解いていきましょう。
更に、違えた問題には印を付けて何度も解いていくうちに、だんだん答えがわかるようになります。すると、自分の弱い問題や、宅建試験の問題パターンというものが少しずつわかってくるでしょう。いきなり、分厚い問題集やテキストを端からじっくり解いて理解をしようと思っても、実際の試験で合格点を取ることは難しいと言われています。

過去問全てをじっくりやろうとすれば、学習時間がいくらあっても足りません。効率の良い学習を行うための過去問集を選ぶ際には、10年分すべてを掲載しているような種類より、頻出過去問を集めたような種類の問題集が適しています。
また、簡単な予想問題は、厳選された新しい問題が収録されているので、解いてみると良いでしょう。

宅建試験の出題傾向を分析して学習する

宅建試験の学習を始める前に、過去の試験問題から出題傾向を分析することが必要です。宅建の試験は、全部で50問が出題されます。合格のために必要な点数は毎年異なりますが、ここ5年間のデータでは33~36点が合格基準点となっています。このことからわかるように、合格するためには満点を目指す必要は無く、確実に7割の問題を正解できれば良いのです。

そもそも、宅建の試験範囲は非常に広範囲に及び、その中からたった50問だけが出題されます。学習範囲を絞り込まずに、一から全て覚えようとすれば、膨大な時間がかかる上に、結局中途半端になってしまいがちです。
宅建試験の過去の出題傾向を分析すると、過去問と同様の知識を問う問題が50問の中で7~8割を占めることがわかります。そのため、過去問集を繰り返し解いて、良く出る問題を把握することが大切です。特に、出題頻度の多い問題は重点を置いて、効率の良い学習を行うように心がけましょう。

宅建試験のポイントは、過去問の徹底的な攻略につきると言っても過言ではないでしょう。間違えた問題はノートに書き写すなどして、何度も繰り返し解くことが合格への一番の近道なのです。
わからない問題は教科書や解説などに立ち返り、一問でも多く理解を深めるように努力しましょう。宅建試験の本番前に模擬試験を受けておくと、自分の実力がはかれるだけでなく、時間配分のシュミレーションにもなるのでお勧めです。

宅建試験に向けて自分に合った学習方法を選ぶ

宅建は不動産業を取り扱う上で、無くてはならない国家資格です。
この資格を取得するためには、宅建試験の合格が不可欠となります。

宅建試験に合格するための学習方法には、どのような種類があるのでしょうか。
学習方法としては、「予備校に通う」「通信講座を利用する」
「独学で学ぶ」という3つの方法があります。

それぞれ、メリットとデメリットを合わせ持っていて、
万人に向いた学習方法というものはありません。
自分の性格やライフスタイルなどをよく考慮して、
自分に合った学習方法を選ぶことが重要です。

予備校での学習は、受験を熟知した講師からポイントを絞って教わることができます。
また、試験に向けた学習スケジュールが組まれているため、
それに沿って学習することで効率良く学ぶことが可能です。

デメリットとしては、高額な費用がかかることと、
講習を受ける時間が決まっているので、かなりの時間を拘束されます。

通信講座は、予備校同様に学習教材が充実していて、
自分の都合に合わせて学習できます。
しかし、費用がそれなりにかかるというデメリットもあります。
また、最初に沢山の教材が送られてきますが、学習を続けるためには努力が必要です。

独学で合格するには、教材選びから始まり、学習計画を立てて学習するのも、
全て一人で行わなくてはなりません。
なので、それなりに意志の強さと努力が必要となります。
仕事勤めで学習時間を自由に取れない方や、
学生や主婦などで学習のための費用がかけられないという方に向いているでしょう。
⇒宅建の独学合格本舗

宅建は国家資格の中で最も人気が高い資格試験です

宅建とは、宅地建物取引主任者をあらわし、宅地や建物などの不動産取引をする際に必要な国家資格所持者です。
不動産は人の暮らしに必要な「衣・食・住」の住にあたる部分で、
このことからも宅建主任者は決して欠かすことのできない存在と言えます。

法律では、不動産を取り扱う事務所内の従業員5人に付き1人以上の割合で、
宅建主任者を置かなくてはならない決まりになっています。
このように宅建の資格は幅広い分野で必要とされ、就職や転職に有利となるため人気が高く、
受験者数が最も多い国家試験となっているのです。

宅建の試験は毎年10月頃に実施されていて、
各都道府県知事が指定機関に委託する形で行っているため、
全国に会場が設けられています。出題は全部で50問、
試験時間は2時間で全問4択マークシート方式です。

合格率は例年15パーセント前後で、合格点は年ごとに異なるのですが、
50点満点で大体33~36点位となっています。
合否の発表まで約1ヶ月ほどかかりますが、
試験問題を持ち帰れるので自己採点が可能です。

宅建試験は、満点を目指すと言うよりも40点を確実に取るように学習すれば良いと言われています。
学習方法は、とにかく10年間分の過去問を繰り返し解いて、
良く出る問題は100パーセント内容を覚えてしまうことを目指すと良いでしょう。

宅建試験の学習方法は人それぞれで、予備校や通信講座を受講する方の他に、
独学で学習する方も多くいらっしゃいます。
自分のライフスタイルを考慮して、無理なく学習できるスタイルを選ぶことが大切です。

宅建所有者とその難易度は?

宅建は不動産業で必ず必要になる資格ですが、資格保有者は全国にどのくらいいるのでしょうか。
その数は、平成25年度の時点でおよそ92万人と言われています。この人数は年々増加しているので、
近い未来には100万人にも手が届くことになります。それほど人気の高い資格なのです。

宅建の試験は年に1度行われますが、この受験で合格する人はおよそ3~4万人です。
受験する人数の15~20パーセントが合格者となっていることから、
難易度がやや高めな試験であることがわかります。

宅地建物取引主任者の試験範囲は大変広く、
できるだけ短期間での合格を目指すのであれば、勉強法が大切になります。

試験対策として欠かせないのは、過去の問題集をたくさん解くことです。
宅建は範囲が広いものの、例年出題されるポイントが決まっている傾向があります。

毎年同じような問題が出る箇所もありますので、
過去問で繰り返し学習して、必ず正解するようにしておくことです。

宅建に合格したあと証明証の発行を受けるためには、
2年以上の実務経験が必要になります。
すでに不動産業に従事している人であれば問題なくクリアできますが、
まったくの未経験者が証明書を受けるためには法定講習を受けることになります。
それにより、宅地建物取引主任者の証明を受けることができます。
試験だけでなく実務も必要となると少々面倒で敷居が高いように感じられますが、
それだけ実務に近く、すぐに役立つ資格ということです。